lavani_s.gif 44x46 1.16KB
鑑定結果報告書の中身は、建物や環境の問題点とその改善方法です。おおよそA4用紙で1枚から10枚くらいの量です。枚数と問題点の量は比例します。まったく問題がなければ1枚で終わりますが、残念ながら一枚で終わる方はほとんどいません。


普通は鑑定結果をお送りして完了ですが、観気研の場合はこれで終わりません。報告書には、『ベッドを50cm移動して』『観葉植物を置いて』などと書いてあります。間違っても『八卦牌』や『龍の置物』を置くとは書いてありませんのでご安心ください。しかし、報告書に書かれている改善方法が、必ずしもその通りに実行できるとは限りません。また、不明な点も出てくるでしょう。そういった場合はメールでの質疑応答になります。つまり、観気研の場合はどうしても長いお付き合いになるのです。もしあなたが風水鑑定をどこかに依頼しようと思った時は、気の合いそうな鑑定所・鑑定人を選んでください。どうして選ぶか? 難しいですねぇ。


ひとつの方法として、ここぞと思う鑑定所のホームページをじっくり見ましょう。HP制作業者と素人が作ったページとでは、見れば分かりますね。月刊風水は素人が作ったページです。明らかにプロのスマートさやセンスはありません。しかし、素人が作ったページはよく見るとどういう人が作ったのかが見えてきます。また、メールで質問をしてみるのもいいでしょう。鑑定所・鑑定人の人となりがダイレクトに分かります。もちろん、何度メールしても構いません。いいですか。自分の個人情報を渡すのです。どこであろうと納得したうえで依頼しましょう。ただし、相手もあなたの人となりを見ていることを忘れないでください。


どうでしょう。これだけでもずいぶん判断材料は揃うと思います。ぜひ、ご自分に合った鑑定所・鑑定人を選んでください。