lavani_s.gif 44x46 1.16KB
中古住宅の購入を予定しているので、不動産業者さんに紹介された物件を見て回っています。物件を見に行く時には必ず方位磁石を持っていくのですが、先日見に行った物件で気になることがありました。室内で磁石を見ると、いちおう針は一方向を指して止まるのですが、少し移動するとまったく違う方向を指します。どの部屋でも同じような状態でした。物件に不満はなかったのですが、なんとなく落ち着かない住宅でした。結局はやめたのですが、価格的にはお買い得で、リフォームすれば問題はないのかなとも思ったのですが、やはり買わなくてよかったのでしょうか。
このご質問には次の三つのポイントがあります。
@ 家屋内部で方位磁石がそれぞれ違う方向を示す。
A なんとなく気が落ち着かない家であった。
B 価格が近隣相場よりもかなり安かった。


方位磁石の異常な動きは、その状態によって、さまざまに判断されます。しかし、どのような状態であってもいいことはありません。Aの落ち着かないということも関連していると考えていいでしょう。風水的判断を迷信と考える人であっても、方位磁石の針が一定しないということは、地磁気に何らかの異常な力が働いているということは理解されると思います。そういった場所で長期間生活をするということは、当然、人体に生理的な影響が及ぶと考えるべきです。些細な影響であっても、それが日常的に発生しているものであれば、いずれ身体に変調をきたします。住宅の場合は十年、二十年という長期に渡るため、気が付かないままに悪化していることが多いのです。通常はよほどのことがない限り、このような住宅に住んではいけません。方位磁石は方位を調べる意外にも、一種の感知器としての使い方もあります。不動産物件を見に行くときは土地・建物、中古・新築に関わらず方位磁石を持っていきましょう。


さて、Bの近隣相場よりも安いという物件価格ですが、理由もなく格安の不動産物件というのは存在しません。買い主が得をするということは、売り主は損をするということです。どこの世界に赤の他人に大金をくれるような善人がいるでしょうか。損をしてまで売りたいということは、何らかの事情があるということです。それが物理的な事情であればまだしも、オバケ物件であれば後々問題になります。つまり、引っ越してしばらくしてから、「あの家で殺人事件があったのよ」とか「自殺してるんだよ」などということが耳に入った時です。こういった事は、購入前にご近所の方に聞いてもなかなか教えてもらえません。誰しも関わり合いになりたくないからです。以前、知らずに幽霊騒ぎのある中古住宅を買った人が、不動産業者に対して契約無効の裁判を起こしたことがありました。確かその訴えは認められたと記憶しています。こういう事件は一般にはニュースとして報道されないのですが、調べれば結構あるのではないでしょうか。


大きな買い物です。後で後悔しないためにも価格だけで決めないように。格安物件は納得できるように、きちんと調べましょう。不動産取引にお買い得はないと思って間違いはありません。
*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*