lavani_s.gif 44x46 1.16KB
考えれば考えるほど矛盾が大きくなるのが、この宿命とか運命とか言われるものですね。


いただいたメールです(一部編集・抜粋)
宿命とか、よくそんな言い方をしますが、人にはそれぞれ持って生まれた運命があって、どんなに努力したり、変えようとしても所詮はその枠の中でのことで、大枠としては与えられた運命を生きることになるのでしょうか?


以前の月刊風水で、風水は「反宿命論」だと書かれていましたが・・・。この疑問は風水を知るずっと前から、占いというものに対して常に疑問に思ってきたことです。もしそうなら、何のために生きるのだろう?とちょっと思ってしまいます。人それぞれ、分相応の幸せを目標に生きなさいということなのでしょうか?


私は普段、占いは結構好きなほうなのですが、本当に悩んだり、迷ったりした時は自分で考えて決めたいと思うタイプです。よく、そういう時こそ占いでみてもらう人もいますが、私は自分のことを決められるのは自分しかいないというか、結局、決められたものに従うのが納得いかない・・気がするのです。そうは言いつつ、とても矛盾しているのですが、占いも何気にあたっているところが気になってしまうのです・・。それが占いを全部否定できない理由なのですが。


それに、これまで生きてきて、人生って公平ではないものだなあ・・と思うことは、自分にも周りにも結構あったような気がします。人間は死ぬ時はプラスマイナスゼロと聞きますが、ホントかなあ?と。もちろん何がその人にとって幸せかは本人にしか分からない事ですが、それを割り引いて見ても、私にはそんなふうに見えてしまいます。そして、結局、持って生まれた運によるのかも?という考えに行き着いてしまうのですが・・・
lavani_s.gif 44x46 1.16KB
この深遠かつ永遠のテーマは人類が文明を持ったときから人々を悩まし続け、現代においてなお答えを出すことができません。三省堂の大辞林によると、『宿命とは、前世から定まっており、人間の力では避けることも変えることもできない運命』となっています。では『運命』を同じ大辞林で引くと『超自然的な力に支配されて、人の上に訪れるめぐりあわせ。天命によって定められた人の運』。では『天命』をやはり大辞林で引くと『生まれた時から定まっている運命・宿命』とあります。つまり、ぐるりと一回りして結局は同じところに戻ったわけです。


天命には寿命という意味があります。現代では吉凶禍福だけにスポットが当たりますが、本来は天帝の命令を意味し、人間の寿命を指しました。歴史上、その天帝に敢然と立ち向かったのが秦の始皇帝です。しかし、彼の力をもってしても天命が覆ることはありませんでした。壮大なる統計学の四柱推命は、人の死を導き出しますが、それとて死を回避するものではありません。


「宿命と運命の違いは」などの言葉遊びは無意味です。今回、メールをいただいたMAさんも「人にはそれぞれ持って生まれた運命があって、どんなに努力したり、変えようとしても所詮はその枠の中でのこと・・・」なのだろうかと書いていらっしゃいます。人は生まれてから死ぬまで、すべて決められた道を辿っていくだけなのでしょうか。自分で選択したと思っている道も、本当はすでに決まっていたことだったのでしょうか。


人間も本来は他の生物と同様、地球上で生まれて死んでいくという宿命のもとに存在しています。しかし、人間はそれを拒否する能力を備えていました。地上から一時たりとも離れることのできなかった人間が、やがて飛行機をつくり出し、空中を飛び回る自由を手に入れます。それは、人間を宇宙に向かわせることになりました。もし、運命に従っていれば、人間は今も地表を離れることができなかったのではないでしょうか。イルカはどんなに知能が高くても、海から飛び出すことはありません。(川で暮らすイルカはいますけど)


宇宙を目指す人間も運命の枠内でのこと、といえばそれまでになります。人類の科学的進歩は、宿命や運命に挑戦してきた結果だとは思いませんか。運命に従って生まれ、子孫を残し、そして死んでいく。このパターンを繰り返す限り、人間は平和に暮らしていくことができたはずです。しかし、それを拒否した人類は文明とともに、戦争や未知の病気、凶悪な犯罪や生活環境の悪化など、負の資産も抱え込まなければならなくなりました。


歴史的な運命にチャレンジしたのは、人類のごく一部の人間達であり、ほとんどの人は運命の枠の中で暮らしています。しかし、人類は運命へのチャレンジャーに追従し、豊かな生活を享受する道を選びました。その時から我々は、理性と感性のあつれきに苛まれることになったのです。精神科医と宗教家、そして占い師が誕生した瞬間です。


「だから分相応に生きていけばよかったのだ」と言っているのではありません。人間は犬や猫と違い、運命にチャレンジする能力を持ってしまったのです。“幸運はやってくるもの”これは運命論ですが、“幸運は呼び寄せるもの”というのは反運命論です。言い換えれば、明日、訪れる不幸を回避するために、あらゆる手段を講じるのは、人類が宇宙に飛び出すのと同じです。違うのは道具だけ。本質が変わるものではありません。


窓辺にラッキーアイテムを置いて幸運を待つ、というのは風水の本質から逸脱します。目的を達成するために、自分に障害となるものを排除、もしくは抑制し、努力を結実させようとするのが風水です。風水で宝くじに当たる方法、ギャンブルに勝つ方法を質問されても困ってしまいます。単発的な劇的幸運の求めや、僥倖に風水は応えることができません。




社会主義国家にとって、運命や宿命は絶対的な価値を持って存在します(信仰などとは違う意味ですよ)。もし、運命や宿命が絶対不変のものであれば、民主国家の成立は危うくなるでしょう。現在の中国の政治形態は、近い将来崩壊し(なんと大胆な)新たな秩序が構築されるでしょう。かつて科学技術と精神世界の確立に大いなる貢献をした古代中国は、一見矛盾するふたつの分野を見事に融合させました。彼らにとって運命や宿命は絶対です。しかし、その概念を生み出した彼らは、同時にそれをうち破る方法も探し求めたのです。やがて彼らは、努力と時間、そしてちょっとした手助けがあれば、運命を超えることは可能であるという結論を導き出しました。水の滴が岩を穿つように、いずれは運命に穴を開けることもできる・・・と。努力と時間は自分自身の問題です。ちょっとした手助けとは、風水であったり、占術や宗教の場合もあります。人によっては精神科医や、家庭裁判所の調停委員が手助けになる場合もあるでしょう。


でも、特別な場合を除いて、運命と戦うことはやめましょう。たとえ打ち勝つことができても、こちらも無傷では済みません。運命を味方に付け、やがてそれを超えていくのです。


最後に・・こんな話を聞いたことはありませんか
希望する学校の入試に合格した女性が、その帰り道、占い師に「私は来年、希望の学校に入学できるでしょうか?」と尋ねました。占い師は「できないでしょう」と告げます。彼女は「残念でした。私はその学校に今日合格したのです」と言い、占い師は「それはおめでとうございます」とだけ答えました。彼の占いには、来年、彼女は入試を受けないと出ていました。入試を受けないから合格はない、だから学校には入れないと判断したのです。今年、合格した彼女が来年、入試を受けることはありません。さて、占い師は間違ったのでしょうか。
*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+