引っ越すときは・・・心霊?
引っ越しするさいの注意点をよく質問されます。もちろん基本は本人と住宅との特性一致なのですが、その前にチェックしておかなければならないことがあります。


そのひとつは住宅や場所から嫌な感じを受けないこと。
とても抽象的ですね。例えばマンションなどで、室内に入ったとたんにゾクッとした気配を感じたり、早くこの部屋から出たい、また誰かに見られているような気がする、というような論理的説明が不可能な現象です。


ふたつ目は方位磁石の磁針が安定していること。いつまで経っても磁針がフラフラして一定の方向を示さないとか、グルグル回り続けるといった現象です。こういった物件は、他の条件がどんなによくても入居は断念したほうがいいでしょう。方位磁石は人間の感性に連動した測定器でもあるのです。引っ越し先を探すときは方位磁石を持っていきましょう。案内の不動産業者さんが変な顔をしても、契約が終われば他人です。後悔しないためにも、気にせず方位磁石を利用しましょう。


そして最後は太極です。前述の二点は絶対的条件といっていいでしょう。本来はこの太極も同様なのですが、日本の住宅事情は太極を取ることすら困難になってきました。太極とは建物の中心点であり、重心点といってもいいでしょう。問題はこの太極が居間(リビング)になければならないということです。最近は限られたスペースを有効に使うため、太極が居間にない住宅が増えてきました。こういう住宅は、入居者にさまざまな悪影響を及ぼしますので無視することはできません。


住宅の間取りや地形などはその後の話しです。これらの三点がクリアできていれば後は何とかなります。ぜひチェックしてから引っ越しましょう。


「月刊風水」掲示板の書き込みに対する私見 (掲示板からの一部抜粋です/現在掲示板は使用停止中です)
『・・・そういえば、我が家の一室(同居人の個室)は私にとって危険地帯です。入った瞬間に背筋を寒くさせ、喉に不快を感じ、10分から60分居つづけると急に風邪をひきこんだかのような全身症状が現れます。何かいるのか?と思い、とりあえず隅に盛り塩をしてみたりして・・・』


さて、この「目に見えない何ものか」ですが、多くの方が同様の経験をお持ちなのではないでしょうか。『霊現象』といえばいいのでしょうか?日本以外にも同様の報告例は数多くあります。例えば、誰もいない部屋から話し声や物音が聞こえる。その部屋に長くいると極度の鬱症状になる、その部屋で飼っていた犬が狂ったようになって死んだなどです。中国上海では入居者が次から次へと不慮の死を遂げるので、遂に物置にしてしまったという部屋や、日本でいうところの心霊スポットが多く存在します(もっとも中国に限ったことではありませんが)。


風水の関係上どうしても中国からの情報が多くなる、、、というよりも、日本ではキツネが取り憑いた人を祈祷しすぎて死なせたなんて、刑事事件にでもならない限りニュースにはなりませんので、これも中国の話しです。
その事件はお金持ちが金に飽かせて新築した豪邸で起こりました。入居後ひと月ぐらいしてから、誰もいないはずの部屋から大勢の話し声が聞こえてきたり、夜中に食器の割れる音やナベのひっくり返る音、広間を走り回る足音などがひんぱんに聞こえるようになったのです。しかし、朝になって屋敷内をくまなく調べても何の痕跡もありません。俗にいうポルターガイスト現象ですね。やがて近所でも噂が広まり、使用人は次から次へと辞め、おまけに精神病院に入院する使用人まで出る騒ぎになってしまいました。今まで、金は信じるが神は信じてこなかった無神論者の主人もさすがに耐えかねて、有名な道士にお祓いをお願いするとともに、風水師にも家の調査を依頼したのです。


道士はお祓いで解決するといい、風水師は主人にとってこの家は凶宅であり、ここに住み続けることは不可能と告げたのです。しかし、建てて一年も経たない自慢の豪邸を、こんなことで手放したくないのは誰しも同じです。そこで、この資産家は道士にすべてを委ねることにしたのです。立派な祭壇をつくり、一週間もかけて念入りにお祓いをした道士は「すべて解決した。今後は何も起こらない」と胸を張って主人に告げました。しかし、静かだったのは最初のうちだけ。ひと月もすると以前よりひどいポルターガイストが始まったのです。リバウンドは凄いですね。結果的に資産家は豪邸を手放さざるを得なくなったのです。しかし、資産家からこの家を安く譲り受けた新たな住人には、何の怪現象も起きなかったのです。さて、このような現象をどのように考えるか・・・です。


向こうではこのようなユーレイ退治は道教のお坊さんである道士が請け負います。しかし、お祓いをしてもおさまらず、最後は引っ越さざるを得ないということも多いようです。良い例え話ではないのですが、除霊だろうが浄霊だろうが何をしても治まらない霊現象(?)が、住人がかわったらぴたりと治まったということがよくあります。
それはこれらの現象が建物に起こっている変異ではなく、人に起こっている変異です。だから人が変われば変異も治まります。つまり、人が異常な影響を受けたために起きる精神的な異常現象であり、物理的な現象ではありません。なぜ、このようなことが起こるのかというと、この環境は自分に適合していない、ここにいてはいけないという、自己保存本能による警告と受け取るべきでしょう。


心霊現象については否定派も肯定派もどちらも立証できない以上、その真偽を論ずるのは馬鹿げた話しです。ただ、催眠術(催眠療法といった方がいいのでしょうか?)で幽霊を見せることは可能で、暗示によって脳に誤作動を起こさせるだけの、比較的簡単なテクニックだそうです。
また、テレビや写真に写るユーレイは、ほぼ100パーセントの確率で科学的に解明可能な、テレビネタでしかないようです。問題はそれ以外の現象で、これについてはまともな科学者は踏み込まない領域です。科学で解明できないから幽霊であり、心霊現象なんですね。科学や手品で作り出せるから、霊現象はすべてインチキというのはもっとも愚かなことですね。




どうでもいい追補
ユーレイは世界中どこに行っても宗教とリンクしています。日本と欧米のユーレイが違うのもそのためです。人間が文明を持つようになってから現代に至るまで、宗教は常に存在してきました。人間にとって宗教は必要なものです。
日本人の場合は一般的に神道と仏教の影響下に生活しています。特に仏教は長い歴史の中で日本の各地域に融合していきました。その結果、仏教のお坊さんはかなり早い時期から認知され、無神論者を自認する人や、宗教に嫌悪感を抱く人でさえ仏教習慣の中で暮らしています。また、現在の新興宗教の多くは仏教か神道を出発点として、多くの信者を獲得しており、日本人の基本的精神世界の一角を担うほどの勢力になっています。


しかしながら、日本宗教界のリーダーともいえる現在の仏教教団はその使命を果たしているのでしょうか。
1982年の京都市古都税問題に対して京都仏教会が1985年に始めた拝観停止という行為は、現代の仏教教団の考え方を如実にあらわしているのではないでしょうか。オウム真理教に対しても日本の宗教界のリーダーとしての役割を果たしたのでしょうか。現代日本の仏教教団は、織田信長が登場する以前の仏教教団に戻ってしまったのかもわかりませんね。