風水の考え方 (2)
先日、風水の本を買いました。それには部屋の模様替えで、すぐにでも効果が現れて願いが叶うと書いてありました。月刊風水には「風水さえ整えれば、あとは寝て待つだけでオーケー ・・ではない!」 と書いてあります。風水をもっと分かりやすく教えてください。
昨今の風水ブームで「風水」と銘打った開運グッズが大人気です。しかしここでもう一度、この月刊風水のテーマでもある「それって本当に風水なの?」ということに戻って考えてみましょう。風水はお金や健康、仕事、勉強、結婚、美容など、さまざまな現実的欲求を満たすために使うというのが一般的な認識です。これはこれで間違ってはいないのですが、厳密に言えばこれらの現実的欲求は、風水が目指している最終ゴールへの通過点にすぎないのです。では風水が目指す最終ゴールとは何でしょう。かつては権力者や政敵を失脚させるためにも使われた風水ですが、現代風水は個人の『幸せな生活』を実現するために使うのです。なんだ、そんなことかと思うでしょ。でも、文字で書けばたった5文字の『幸せな生活』がなかなか大変なのです。

想像してみてください。あなたにとって幸せな生活とはどのようなものですか。たくさんのお金を持つことが幸せな生活と考える人もいれば、健康でさえいればそれで幸せだと考える人もいます。また、お金と健康、そして結婚など複数の条件が必要な人もいるでしょう。風水はそれらの条件をひとつひとつクリアさせて、その結果として『幸せな生活』が実現するのです。あきらめや、絶望などは風水に無縁です。ほしいものは必ず手に入れる、そのための努力は惜しまないという人にこそ、風水は力を発揮するのです。



さて、風水は住宅のみならずビジネスにも使います。ビジネスに使う場合は住宅と違い、最初からお金を目的にします。商売が繁盛すればそこに働く人達の待遇も向上し、その結果として個人の幸せな生活の実現へと向かうことになります。資本主義経済のなかに暮らす私たちには、幸せの条件にお金という項目が入るのは仕方ないことでしょう。「お金で幸せは買えない」とはよく言われますが、お金で不幸を追い払うことはできるでしょう。


風水を使おうとする人に忘れないでいただきたいことは、あなたが主で風水は従だということです。鑑定のページにも書いてあるように、風水調整をしたら後はもう何もしなくていい、寝て待っていればいいと考えている人が
いたとしたら、それは大きな勘違いです。他力本願を期待している人に風水は無力です。たとえば、あなたが精一杯がんばって70%の成果を得たとしたら、それを120%にしようというのが風水なのです。日本観気研はその方法を知っている、ということですね。


部屋のどこかに何かを置くだけ、自分が何かを身につけるだけでお金が転がり込んでくるようなことは、私たちの風水にはありません。だから宝くじが当たる方法もありません。もし、濡れ手に粟のような開運法があるとしたら、きっと誰にも教えないでしょうね。


現在でも多くの研究者が、風水理論の科学的解明のために膨大な資料と格闘しています。風水が現代社会でも通用するのは、そういった地道な研究が続けられているからです。開運のおまじないなら持ってるだけで幸運がやってくるのでしょうが、風水はおまじないではありません。だから面白いし頼りにもなる・・・と思いませんか。
+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−++−*//*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*