風水の考え方(1)
風水を研究しているものですが、なかなか効果が現れません。本命掛は乾なのですが、宅相が震なのでいい方向が北西しかありません。いつも本命掛をベースに考えているのですが、なかなか上手くいきません。考え方の基本を教えてください。
本命卦と宅卦(宅相)の不適合は、日本の住宅事情ではよくあることです。しかし、これは厄介な問題です。できれば引っ越しをお勧めしたい心境です。ご存知のように本命卦とは自分自身の方位特性であり、4種の吉方位と4種の凶方位で構成されています。そして、建築物の構造的方位特性である宅卦(宅相)も、4種の吉方位と4種の凶方位で構成されています。風水調整ではまず、この本命卦と宅卦をチェックするのですか、これが合わないということは、互いが反発しあっている状態を意味します。つまり本命掛は吉でも宅掛が凶のため、結果的に『プラスマイナス・ゼロ』、状況次第ではマイナスに作用する場合もあるということです。そう考えると「ちょっと厄介だぞ」と思うでしょ。


原則論をお話ししますと、こういった場合はまず宅卦によって各部屋の使用目的を決めます。次に各部屋のインテリアを本命掛に合わせて調整します。つまり宅掛によって寝室にする部屋を決めたら、次に本命掛に合わせてその部屋のレイアウトをするのです。つまり、ベッド(布団)の位置や家具の配置は本命掛で決めるということです。ではもしあなたのお住まいが、ワンルームや1DKのマンションのときはどうすればいいのでしょうか。その場合は、本命掛と宅掛のそれぞれの方位特性と強弱をみながら、インテリアを決めていくのです。これは「風水の考え方の基本」でもあるのですが、ちょっと難しいですね。ポイントは吉凶という言葉に惑わされないことです。吉凶というと常に「吉が良くて、凶が悪い」と思ってしまいますがそうではありません。本命卦にも宅卦にも吉凶と記されていますが、ともに方位特性をあらわすものであり、運勢をあらわしているのではありません。言い換えると、吉凶とはそれぞれの「気」の状態なのです。だから、凶方位といえども必要な方位であり、ちゃんと使い方があるのです。もう一度、本命卦と宅卦の各方位の意味を考えてみましょう。また、インテリアはバランスに注意してレイアウトしてください。


かなり以前の話になりますが、私の友人の知り合いが住宅を新築したので、その新築祝いに付き合わされたことがあります。驚いたことにその家は居間にトイレがあるのです。なかなか想像できないでしょ。ご本人は「専門家の先生にみてもらって間取りを決めたのだが、トイレはこの位置でなければならなかった」とのことでした。居間にトイレを作ることがいいのか悪いのかは別にして、これではトイレを使うのに気が引けます。本人が納得している以上、他人の口出しは余計なお世話ですが、誰が見ても不自然な状態というのは空間のどこかに歪みが生じており、いずれ何らかの弊害が出てくるものと考えられます。吉凶にとらわれて考え方を固定してしまうと、失敗しますのでご注意ください。


「考え方の基本」とは、風水の本質を理解するということと同義語と解釈します。現在、どのような資料をお使いになっているのかわかりませんが、もし、風水関係の本だけを読まれているのであれば、そこから風水の本質に迫ることは困難だと思います。現在、風水には多くの流派が存在し、それにさまざまな占いがミックスされて、訳が分からなくなっています。もともと風水はテクノロジーとして誕生し、それは現在も変わっていません。神秘のマジックでもなければ、何でもありのスーパー開運法でもないのです。そして人間が共同体を構成し始めたときから、風水は自然発生的に生まれたと考えられます。その数千年に及ぶ歴史の中で、風水はさまざまな人たちにさまざまな目的で使われてきました。しかし、ペテン師にも使いやすかったらしく、大変よく利用されたようです。そのため風水は、(1)環境科学、あるいはテクノロジーとしての風水(2)宗教(3)迷信・俗信(4)ペテンなどに分類することができるでしょう。現在のミックス風水も、お遊びで楽しんでいる分にはいいのですが、まじめに風水を習得するためには、自分でウソとホントと間違いを選り分けねばなりません。そのためには次のような知識が必要になります。(1)日本と東アジアの歴史、文化、古典(2)道教、仏教を中心とした宗教の基礎知識 (3)中医学(中国伝統医学)、気功などの基礎知識(4)科学全般の基礎知識(特に電気、磁気)(5)心理学の基礎知識などです。しかしこれらはどれも独立した専門分野であり、簡単ではありません。でも、基礎知識程度ならなんとかなるでしょう。がんばって読書しましょう。結構大変ですけどね・・・。


ついでながらもうひとつ。風水は「反宿命論」だということを忘れないでください。例えば「誕生日は厄日で、顔は貧相、手相はズタズタで、星の巡りは最悪、未来を占ったら絶望的」であったとしても絶対にあきらめない。運を天にゆだねることなく、自分の力で必ず好転させてみせる、という人に風水は強烈に支持されます。それは風水だけが先天的なものだけに運命を委ねることなく、自ら運命を創出することができるからです。また、ご質問には「なかなか風水の効果があらわれない」と書いておられましたが、効果があったから現在の状態になったということもあります。その時点ではわからなくても、後から思い起こせばなるほどということがあるものです。
*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+*/**/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*