盛り塩ってなに? lavani_s.gif 44x46 1.16KB
塩がいつから霊力を持つようになったのかを辿っていくと、古事記に行き当たります。古事記は八世紀に成立した日本最古の歴史書ですが、その内容はスーパーSF小説といえるほどのダイナミックなものです。その古事記に次のような話があります。伊邪那岐命(イザナギノミコト)が、死んだ妻・伊邪那美命(イザナミノミコト)に会いに、黄泉国(よみのくに/死後の世界)に行き、危機一髪でこの世に戻った時、その穢れを祓うため海に入って禊ぎ祓いをしたという話です。


現代でも海に近い町では、神事の時に関係者が海に入って身を清めたり、神輿やご神体を海につけたりします。古代の日本人にとって、常世国も竜宮城も、ユートピアはすべて海の彼方にあると信じていたわけですから、それにつながる海を神聖視するのは当然といえるでしょう。では、海から離れた山間部の村はどうしたのでしょうか。やはりここ一番の神事の時は、浜降りといって海まで出掛けていったのです。我々日本人にとって海水は聖水でもあったのです。


かつての日本で “お清め” や “お祓い” は日常的な行為でした。葬式をはじめとして建築関係や井戸掘りなど、八百万の神様と共存するためには、なにかにつけてお清めが必要だったのです。しかし、そのたびに海に入るわけにもいきません。冬は寒いし・・・。そういった人間側の事情によって、ここ一番の時以外は、海水のかわりに塩で間に合わせるようになっていったのです。本来は海水なのだから、塩水を使うべきだと思いませんか。しかし、これまた人間側の都合でやめたのです。理由は着物が濡れるからです。せっかくの晴れ着に水を掛けたくはないでしょ。いつの時代も人間は楽な方に流れていくのです。


では、問題の盛り塩ですが、これは『料理屋などが来客を迎えるにあたって玄関を清めるとともに、人の出入りに紛れて侵入しようとする悪鬼をシャットアウトするための結界』、とするのが納得できるところではないでしょうか。しかし、昔々、お妾さんのたくさんいる貴族の牛車を、自分の屋敷で停めさせるため、お妾さんのひとりが門前に塩を盛ったのが始まり、という説もあります。これは牛車をひく牛が塩を舐めたくて、塩の前で立ち止まるということですね。それにあやかって、客が店に入るようにとのおまじないということです。あるいは、今のように道路が舗装されていないころ、遊郭などの店先に砂を用意しておいて、ぬかるみに撒いていた名残という説、などが有名なところです。これらの説に共通するのは、現代における店先の盛り塩は、客を迎えるための気持ちを具象化したものであり、比較的新しい風俗ということです。もっとも、開店前に掃除をして、打ち水をして、盛り塩をして、「さあ、これでお客様をお迎えする準備は整ったぞ」という気持ちの切り替えには非常に効果的な儀式です。いずれにしても目的は千客万来です。一般家庭にはあまり関係のないものですね。
+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*/*−+−*