通信鑑定でどこまで風水調整ができるのでしょうか
風水鑑定と一口に言っても、その内容は多岐にわたります。土地建物の選定から建築、竣工、入居に至るもの、増改築の是非、既存建物の調整や改善などさまざまです。


実際に風水鑑定を行う場合は、まず最初にデータチェックを行います。鑑定精度はこのデーター(資料)の質と量に大きく左右されるため、この作業はとても重要です。次いで現地調査ですが、これは対象となる建物だけではなく周辺環境もチェックします。これらの下調べが一度で済めばいいのですが、場合によっては何度も繰り返さなければならないこともあります。それにともなって経費は増大し、結果として鑑定費用は高額になります。風水が一部の人に独占され、広く世間に普及しなかった最大の理由がここにあります。そのハードルを一気に低くしたのがPCとインターネットの普及です。PCはデーターの収集、整理、分析、管理などの作業効率を飛躍的に向上させました。劇的といってもいいでしょう。その結果がコストダウンになり、ネットの普及が通信鑑定を可能にしました。


日本観気研が風水鑑定を依頼される方に提供をお願いする資料は、建物の間取図や使用状況だけではなく、土地の図面や周辺環境の状態、ご家族の内容など多岐にわたります。その中で一番面倒なのが写真ではないでしょうか。建物の内外と周辺の環境、日常の生活行動の中で気になっているものなど、写真は多ければ多いほど結果に反映されます。でも撮影するだけではありません。写真にはどの位置から撮影したのかが分かるように番号を振って、地図上にその番号と撮影した方向を矢印で明記していただかなければなりません。この地図は鑑定資料の地図とは別なので、手書きでも構いません。これらの資料を郵送していただいて、ようやく鑑定スタートです。


例えば、フリーハンドで描かれた間取り図や、ご本人の生年月日だけで風水らしき鑑定書をつくることは可能です。しかし、日本観気研に依頼される方は、そういった“風水的占い”を期待されているわけではないと考えています。料金を支払った上に面倒な資料まで要求される。おまけに鑑定結果がでるまでの時間も長いとなれば、依頼する方も考えてしまいますね。そういったハードルを乗り越えて、ご依頼いただくクライアント様には本当に感謝しています。また、日本観気研はリピーターさんが多いことも自慢なのですが、やはり皆様の寛容に感謝しなければなりません。




さて、ようやく本題です。ここでは『吉凶』という言葉を使いますが、これは『人にプラスの作用を及ぼすモノ・状態』を吉、『人にマイナスの作用を及ぼすモノ・状態』を凶とします。吉凶という言葉はできるだけ使いたくはないのですが、状態を一言で表現できる言葉は他に見あたりません。そのため吉凶という言葉を使いますが、占術等で使う吉凶とは少しばかり意味合いが異なることをご承知ください。


さて、皆さんがもっとも懸念されていることは、実際に現地を見ない通信鑑定が有効なのかということだと思います。大丈夫!と言いたいところですが、やはり限界はあります。通信鑑定も通常鑑定も基本は同じですが、大きく違うところがふたつあります。


ひとつは方位の問題です。これは地図のとおりに方位磁石が北を指さないことが原因です。空間を東・西・南・北・北東・南東・北西・南西の八方位に分割すると、各方位は45度ずつになります。ちなみに真北を0度にした場合、北の方位は337.6度から22.5度の範囲です。しかし、もともと真北と方位磁石が指す北には数度の差(磁気偏角)があり、日本の場合、方位磁石は地図の真北より少し西を指します。しかし、問題は磁気偏角のような計算できる誤差ではなく、現地にいかなければ分からないような、磁気のブレにあります。特に都市部における地磁気のブレは顕著で、原因は電線、電車、車の往来、下水管、電波塔などによる磁気障害です。試しに精度の高いコンパス(登山用など)を持って家の中を歩き回ると、場所によって方位磁石の針がブレることが分かります。


風水は方位磁石の針を基準に診断や鑑定をおこないます。もし、方位にズレがあると、本来は『吉』なのに『凶』と判定してしまうかもわかりません。これは大問題です。そのため、通信鑑定では方位に余裕を持たせた設定を行います。もし、実際の風水調整でベッドを30cm移動するとした場合、通信鑑定ではその倍以上の距離を移動させたりしなければなりません。


もうひとつが調整するさいの判断基準です。
風水は、『凶を避け、吉を呼ぶ』テクノロジーです。間違っても凶と闘おうなんて考えてはいけません。たいていは負けます。中途半端なことをすると、逆に凶作用をパワーアップさせることにもなりかねません。まさに、諸刃の剣のような危うさですね。そこで、重要になってくるのが『凶を避け』というところです。この説明は非常に難しいのですが、端的に言えば、凶の作用が日常生活やその場の人達に何らかの影響を及ぼしていないのであれば、そのままにしておく。もし、害を受けている場合は、最低限の処理でおとなしくしてもらおうというものです。眠れる獅子は起こさない。毒蛇の山には分け入らないということですね。あまり良い例えではなかったようですが、担いでいた荷物を下ろすように負担が軽減されれば、開運グッズに埋もれた生活をしなくても、いい結果がでるようになります。


と、いった感じでお送りする鑑定報告書はページ数が増えれば増えるほど問題が多く、少なければ少ないほど良い環境ということになります。鑑定報告書には建物の問題のある箇所と、その改善方法や対処法が明記されます。鑑定報告書をお読みになって、不明な点が出てきたらメールでご質問ください。質問回数は何回までといったような制限はしていません。状況によっては返信が遅れることもありますが、何回質問していただいても結構です。もっとも、ご質問に限らず、日本観気研はすべてのメールに対して返信が遅いです。自慢にはなりませんが。
過去において、A4用紙一枚だけの報告書というのは数件しかありませんでした。ここ数年は一枚や二枚で終わる報告書はなかったですね。それだけ住環境が悪化しているということでしょうか。かわりに鑑定不能でお断りする件数が、少し増えてきたような気がします。例えば、磁針が常にふらふらと定まらなかったり、南北が逆転しているような建物です。こういう建物は都市部に多く見られるようです。また、次のような場合もお断りするほうが多いですね。


1.敷地内に送電線が通っている。送電線の下は電力会社の地役権が設定されています。これも都市部の住宅街が多いですね。
2.大きく変形した土地。三角形やL字、N字などの変形地形の土地に建つ建物。変形地であっても敷地面積に十分な余裕があれば可
  能なのですが、なかなかそうはいかない場合が多いものです。
3.隣が変電所の家。これも都市で見られる光景です。都市型変電所は外からでは分からないことも多く、注意が必要です。


こういったことはケースバイケースではあるのですが、風水が望む建物の基本からは逸脱しています。現地で頭をひねって解決策を探すのであればまだしも、通信鑑定でのチェック・調整はまず不可能です。ならば、「来てくれ」といわれれば、お伺いすることはやぶさかではないのですが、経費ばかり掛かって結果出ずということにもなりかねません。だったら、最初からやらない方が良いですね。